株主

2010年08月18日

「古意」で、湖南料理に目覚めそう

辛い料理大好き!な蜜は、
上海に来てから味わった四川・貴州・湖南料理にもちろん目がない。

住み始めて最初の頃、こんな記事を読んで、

「四川人不怕辣、貴州人辣不怕、湖南人怕不辣」
(「四川人は辛くても恐れない、貴州人は辛いものを恐れない、湖南人は辛くないものを恐れる」)

という興味深い言葉を知り、湖南料理を求めて、特に
一般的によく知られているお店 「滴水洞」(茂名店) には時々足を運んでいます。

「滴水洞」のは、湖南料理と言えど辛さはきっとかなり抑えられているのだけど、
美味しいし、値段も適度でお気に入りです。



そして、いつかの折に、ふとそういった話題が出た時、

「辛さ勝負ではないけれど、
 「滴水洞」とはまた違った味わいの、良い湖南料理屋さんがありますよ」


と、この方 に教えて頂いて、ご一緒してきました♪


sP5071883.jpg
富民路×巨鹿路の湖南料理屋さん「古意」。


↑こちらは、
蜜の偏愛するタイ料理屋 「COCONUT PARADISE」 の向かいにあるお店で、
その存在には気付いていましたが、まさか湖南料理屋さんだったなんて!


だって、そうは見えないでしょう?

sP5071891.jpg
この内装の雰囲気と、欧米人比率の高さ(笑)

外観もオシャレだし、
「古意」なんて大きな文字の看板がなければ、イタリアンレストランかと思いますよ。



だけど、お料理の方は、本格的な湖南料理。


sP5071884.jpg
蜜的に絶対ハズせないのは、これ! 梓元排骨(スペアリブの香草焼き)☆

もう、「湖南料理と言えば!」な一品。
「滴水洞」でも必ず食べます。もし残ったら打包しちゃうくらい好きです。
クミンの味付けがスパイシーで、ビールにこの上なく合うのよねぇ〜。


sP5071885.jpg sP5071886.jpg
野菜もつまみたいなと。

左のレンコンの和え物は美味! 酸っぱ辛い味わいにシャクシャク感がクセになる。
右の緑の炒め物の方は、辛みもなく良い箸休めに。



そして、この「古意」での食事のハイライトが、こちら↓

sP5071888.jpg
ドーン!と大きなお料理、湘西一品大魚頭。


お魚の頭まるごと。これがどれほど立派かというと、


sP5071887.jpg
こんな具合。


でも、驚くのはその大きさの方だけでなく、お味。

魚の上にびっしり散りばめられている辣椒 (ですよね?多分) が、
絶妙な辛さと塩気を持ち合わせて炒められており、
出汁のきいたおつゆと相まって、なんとも言えずこれが良い味わい!!

あっさりとしている魚の白身に乗せて食べるもよし、

この辣椒だけを、

sP5071889.jpg
紹興酒のアテにしながらつまむもよし◎


ひとしきり白身魚と辣椒のコラボレーションを愉しんだ後は、


sP5071890.jpg
残ったおつゆに麺を混ぜ、絡めて全部頂いちゃいましょう♪

とにかくこの出汁が美味しいので、↑これをやらねばもったいない!



この方 にご紹介頂かなかったら、
蜜自身ではなかなか選ばないメニューです。湘西一品大魚頭。
それがこんなに素晴らしい逸品だなんて。

辛さの度合いを追求するだけが湖南料理の楽しみじゃありませんよね〜
ってことを再認識した「古意」での一幕でした。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■古意湘味濃■
上海市静安区富民路89号(×巨鹿路)
Reservations: 021-6249-5628




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。