株主

2010年08月08日

うちな〜求めて数珠繋ぎ 1.「藍屋」

蜜といえば、
いつだって行きたいのが、沖縄。
いつだって食べたいのは、沖縄料理。
いつだって飲みたいのも、泡盛。(※古酒含む)


あっちもそっちも旅するし、あれもこれも食べますし、どれも何でも飲むけれど、
やっぱたまには “沖縄” 補給しないとね♪



・・・というわけで、
5月に「南風」へ行って以来、
沖縄料理&泡盛求めて、別の和食居酒屋にもあちこち立ち寄ってみておりました。

専門店はまだまだ上海には少なくても、一部のメニューに置いてあるお店はたまにある◎


随分以前に訪れている、
古羊路の「合家」
田子坊の「宴 En Grill & Bar」
は、この際ちょっと置いておいて、


「ここの沖縄料理は美味い」と、よくその名を耳にする、

sP6282404.jpg
藍屋」へ、まずは行ってみないことにはね☆


sP6282415.jpg
外観も内装も、ホント気軽に行けちゃうって感じの居酒屋さん。


ここで最も注目すべきは、

sP6282405.jpg
海ぶどう が食べられるということ♪

カウンターそばの水槽に保存されていて、とっても新鮮。
本当にこれって、美味しい前菜ですよね〜。


sP6282406.jpg sP6282407.jpg
sP6282409.jpg
カーリーフライやゴーヤチャンプル、ラフテーといった沖縄代表料理に加え、

sP6282408.jpg sP6282410.jpg
シメ鯖や焼き餃子など、一般的な和食もまんべんなく揃っていて、

sP6282412.jpg
蜜はもうお決まりに泡盛をロックしてましたが・・・

ご一緒した方は、お酒のメニューを見て、
屋久島の焼酎 山岳 が置いてあるのを大変喜んで飲まれていました。


料理のラインナップ全体のうち、沖縄料理が占める割合は結構あるわりに、
泡盛の種類はそう豊富にあるわけではなく、
色々な銘柄を飲み比べたい時には、「藍屋」はちょっと物足りないかもしれません。

けれどその分、泡盛に特化しすぎず、お酒は全般的に揃っていますし、
評判に違わず、「藍屋」の沖縄料理の味は確かにレベルが高かったので、
総合的な満足感は十分にあると思います◎



最後に、
「藍屋」の〆でコレは食べなくちゃ♪ ・・・は、

sP6282413.jpg
長崎ちゃんぽ〜ん!!


⇒「沖縄そば!」とは来ないのです(笑)

コンセプトは “うちな〜求めて数珠繋ぎ” のわりに、
最初から蜜の目的の〆料理は、ここ「藍屋」なら長崎ちゃんぽんと決めていました☆


「藍屋」は、実は 沖縄と長崎の郷土料理 のお店、なんですねぇ。
ご主人は、上海と長崎で居酒屋をなさっているのだそう。

メニューを選びながら、
皿うどんともめっちゃ迷ったけれど、今回は初志貫徹で。。。

沖縄だけでなく長崎料理。
これも、上海ではなかなか味わえない専門カテゴリでしょう?


美味しさだけでなく、そういう意味でもなかなか貴重な「藍屋」。
次に繋がる“うちな〜求めての数珠” は、
思いがけずココから生まれることになったのです・・・


続きは次回。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■藍屋■
上海市長寧区延安西路2982号(×虹許路)
Reservations: 021-6261-9970




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。