株主

2010年07月18日

いつか実を結ぶ上海生活のために -3-

 
 自ら自己のうちなるすべての毒を探求し汲み尽くして、その精髄のみを保存する
 (アルチュール・ランボー/『見者の手紙』)



アルチュール・ランボーは、19世紀の早熟のフランス詩人であり、
彼は、

 俗人が否とするものの中にこそ詩がある

と信じていて、
詩人になるためにはあらゆる経験をする必要があると考え、さらには、

 自分の経験だけではだめだ。
 他人の経験を自分のものにすることこそ必要なんだ。


と言う。
 (クリストファー・ハンプトン/『太陽と月に背いて』)



 詩人とはあらゆる感覚の、長い間の、大がかりな、
 そして合理的な狂乱化を通して、見者になるのです。
 ありとあらゆる形態の愛と、苦悩と、そして狂気。
 彼は自ら自己のうちなるすべての毒を探求しくみ尽くして、
 その精髄のみを保存しようとするのです。

 (※『見者の手紙』の詳しくは こちら




「あなたは何がしたいですか?」

と問われる時、いつも答える「酸いも甘いも噛み分けられるようになりたい」は、
10年以上も前から傾倒しているアルチュール・ランボーの精神に素地がある。
特にそれは、自分の場合は、“人を想う感情について”に焦点を当てて。


まだまだ自分には経験のない、未知なる感情が世の中にはいくつも在る。
心をすり減らして、身を削ってまで、
そこにある旨味と苦味を、溺れるほどに味わい尽くし、確かめてみたい。



『自己のうちなるすべての毒』 と、 『俗人が否とするもの』 ・・・


そう、たとえ求めるものが間違っていたとしても、
それがどれほど歪んだ高みでも、
自分がそこにこそ最も愉悦と生を感じる限り。
















・・・こんなのただの正当化で、高尚なフリした言い訳で、卑怯なだけなんだろうけどね。



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。