株主

2010年07月17日

“生”ライチマティーニを求めて「Long Bar」

先日、chinausaさんのブログ でご紹介されていた、
「Long Bar」で頂ける、“生”ライチマティーニ。


そう、ポイントは“生”
以前、蜜がお気に入りの「el Coctel」の原田さんのカクテルの記事で、
ライチマティーニを挙げた時にも、
chinausaさんからすかさず、“生”か否かについてのコメントを頂いていました。

ライチは今が旬、ということもあり、
そんな話を聞いたら、“生”ライチマティーニを飲んでみたくなっちゃうじゃないですか。

そんな流れの後に、
chinausaさんの記事で、「Long Bar」で飲まれた“生”ライチマティーニの
美味しそうな写真を見てしまったら、
それをどーしても味わってみたくなっちゃうじゃないですか!


しかも、これがまた、例の
静安寺のラグジュアリーホテル「The PuLi Hotel and Spa」の1階にある
と分かったら、蜜だって行ってみたいし、
バー利用だけでもその雰囲気を愉しみたくなっちゃうじゃないですか!!


Puli_2.jpg
というわけで、さくっと「The PuLi Hotel and Spa」へ。(家からも近いエリアだし♪)


そもそも蜜は、以前から、
静安寺駅近辺で味も雰囲気も良いバーをずっと求めていたのです。

南は延安中路を越えないで済んで、北は北京西路くらいまでの間で。

銅仁路沿いのバーは、多くが一斉に閉まってしまったし、
(そもそもあの並びのお店は微妙だったし…)
すると、あの辺でマトモに2軒目利用で使える所ってほとんど無いのでは? と。


そんな渇望からの期待感が、まさかホテルに併設のバーで満たされるかも?
なんて、こうやってご紹介で教えて頂かなくては絶対に気付けなかった。。。


Puli_3.jpg
「The PuLi Hotel and Spa」の1階、「Long Bar」。


ホテルのエントランスからそのまま繋がっているような、
通常であればまずロビーがあるであろう位置に、そのまま「Long Bar」のフロアが広がります。

これはちょっと不思議な感じのする造り。
斬新でスタイリッシュですよね。

「Long Bar」の名の通りなのか(?)、
水面を覗く窓辺と平行に並ぶ一枚板のカウンターは、延々と長い。


Puli_1.jpg
そしてソファ席は、幅がとても大きくてゆったりとした設計。

ここが静かにくつろげる上質なバーであろうということは、
このフロア全体から感じられる印象から、確かですね。



果たして、
もうメニューをよく拝見もせず、ひたすらこれを求めてオーダーした、

sP7162587.jpg
“生”ライチマティーニのお味は・・・


これは・・・ 極上ですねぇ♪
chinausaさんが“生”を求められたお気持ちが、よーく分かりました。

薄い乳白色をした、辛すぎず甘すぎないマティーニの風味に酔いしれながら、
添えられた“生”ライチの、そのとても冷たくてフレッシュな口当たりを同時に愉しむ…。

抜群の瑞々しさ。
この組み合わせ、最高。

旬のものを“生”で味わう・・・
カクテルで感じる季節感とは、また格別に良い気分。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Long Bar■
上海市静安区常徳路1号(×延安中路)
The PuLi Hotel and Spa 1階
Reservations: 021-3203-9999




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。