株主

2010年07月16日

特別な夜は、外灘3号「Jean Georges」

「上海大夜総会」の1周年も迎えた、7月15日の夜。


sP7162577.jpg
租界時代の面影を色濃く残す建物のライトアップが美しい、外灘沿いの・・・


JG_1.jpg
外灘3号の4階に位置するレストラン、「Jean Georges」へ。



Jean Georges」は、
 『ニューヨークの3つ星シェフがアジアで初出店したレストランは、
  スノビッシュな雰囲気と軽めの現代的フレンチが人気。 』

と、上海ナビにも紹介されていますが、

そんな肩書きよりも、信頼すべきはグルメな友人のススメ。


7月15日という日は、
個人的にも特別なお祝いの日でもあったりするので、なるべく失敗したくない。
ちょっと前から色々リサーチしていましたが、
やっぱり今、心に留まったのは、ここ「Jean Georges」

黄浦江沿いの、1階に Armani の入ったビル・外灘3号。
入口は広東路側にあり、そこからエレベーターで昇った4階には、
低く落とされた照明の中、格調の高さを窺わせる落ち着いたエントランスが。

そして、レストランのフロアはなかなか広く、
全体的に余裕を持たせた配置で、テーブルやソファが並べられています。


前もって予約しておいたので、

sP7152570.jpg
浦東の夜景が存分に愉しめる窓際の特等席へ♪


去年のこの夜に訪れた「Vue Restaurant」でも、東方明珠塔に見守られ、
そして今年も…。
そういえば最近しばらく、その姿をゆっくり眺めながら食事もしていなかったけれど、
つい、あらためて「上海にいるんだなぁ」と実感してしまう。
あと何年、蜜はこの景色を当たり前に見続けられるのだろう・・・とか。


JG_2.jpg
さて、席に着きましょう。

食事のメニューは、
前菜・スターター・メイン・デザートのコースと決まっていますが、
それぞれのカテゴリで、5,6種類ずつから選べるので不自由はありません。

そしてワインリストの方はというと、この取り揃えが非常に豊富!
各国・各産地ごとに項目が分かれていて、
きっとワイン通の方なら思わず唸ってしまうんじゃないでしょうか。


JG_3.jpg
蜜たちは、まずはグラスのシャンパンで乾杯☆

前菜の前にサービスで差し出された↑こちら。

かぼちゃのスープと、何やら独特の味わいのあるムースのような食感のチーズ。
この味は・・・ そう、ラム肉の風味!(笑)
何を発酵させてるんだろう? けど、ワインには合います。

もちろん温めてサーブされるパンも美味しい。


さて、1品目。

JG_4.jpg
蟹のすり身を揚げたものに、アボガドとグレープフルーツが添えられています。

のっけから揚げ物になってしまいましたが、
その重さをフルーツが緩和して、前菜らしく仕上がっています。
見た目も美しい。

ただ、個人的にちょっと残念だったのは、
せっかくフライの衣がサクサクなのに、下に湛えられたフルーツソース(?)に
浸かってしまうと、その食感が損なわれてしまうこと…。


2品目は、

JG_5.jpg
エビのフリッターに、味付けされたアボガド、マスタードソース。

このマスタードソース(と呼んでいいのかしら?)が美味しい!
甘辛い味付けなんですけれど、これは
パンに付けてでも全部きれいに頂かないとダメでしょ〜 ってくらい気に入りました♪


こうなると、ワインも進んできて・・・

sJG_wine2.jpg
種類の豊富すぎるリストの中から選んだのは、 Le Rime というイタリアワイン。

白ワインは辛口、だけどフルーティで酸味の少ないもの
が、蜜の好みなんですが、
このワインはちょっと酸味も効いているかな…。
でも(もちろん)よく冷えているし、料理に合わせてしまえばさほど気になりません。


さて、3品目のメイン。

JG_6.jpg
牛テンダーロインステーキ。チーズフライ添え。

ラム肉と最後までセレクトを迷った、この一品。
ミディアムレアの希望通り、丁度良くグリルされた牛肉は、
お肉も柔らかくジューシーで、しかもかなりボリューミーでした◎

添えられたチーズフライがまた美味しくてですね。

(さっきから添え物ばかり褒めているのもどうよ・笑
 って感じなんですが、それは逆で、
 添え物までもちゃんと丁寧に作られていてポイント高いっていう意味です…)




ここまででもう、だいーぶお腹いっぱい。
そして普段、あまりデザートを食べない蜜は、これで十分終わった気分でいましたが・・・

とんでもない。

本当のメインは、実はこれなんじゃないの?

ってくらい、この後に差し出されたデザートが素晴らしすぎました!


JG_7.jpg
フォンダンショコラ、バニラアイス添え。


メニューには 『chocolate cake』 と記されていたので、
ナイフを入れた瞬間に、
まさかこんなに美味なチョコレートが流れ出てくるなんて夢にも思わなかった。

このホットなチョコレートとケーキのお味が、もう、
絶妙に濃ゆ〜くて、丁度よく甘〜くて・・・

一口一口、いちいち感動しながら頂いてしまいました♪


これでも以前、自分の今までの人生の中でたったの1年間だけ、
甘いものに狂った時期がありましてね。
(それは親も驚くほどの変貌ぶりでした)
3度の飯よりスイーツ食べたい!って本気で思ってて、
東京近郊じゅうのスイーツの名店を巡りまくってたんですよ。
今じゃ考えられないんですけど。

で、その頃絶賛していたどのフォンダンショコラよりも、
「Jean Georges」のこれは最高に美味しい!!

デザートは別腹って言葉を、久々に思い出した。


JG_8.jpg
チョコレートの味にこんなに感動している傍から、また差し出されるサービスデザート。

マシュマロと、チョコレートと、ゼリーの砂糖づけ。
「Jean Georges」はやっぱり、チョコレートに秀でたレストランなのかもしれません。
フォンダンショコラの余韻を楽しみながら、これらもゆっくり味わいました。


終始、東方明珠塔に見守られながらのディナー。
最後まで満足感の絶えなかった「Jean Georges」、特別な上海での夜にはいかが?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Jean Georges■
上海市中山東一路3号 外灘3号 4階 (×広東路)
Reservations: 021-6321-7733




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。