株主

2010年07月11日

いつか実を結ぶ上海生活のために -1-

以前綴った記事、 『365夜』 でも振り返ったけれど、
それにしても早かった・・・ この1年。

ここ最近、特にどんどんスピードを増して過ぎていくように感じる。
1ヶ月、1ヶ月が。
「ひと月なんて、1週間×4回しかないんだもんな」なんて当たり前のことを実感してしまう程。


時間を持て余して、長く退屈なよりはずっと良い傾向だとは思うんだけど、
時々ふと、 「このままで自分には何が残るんだろう? 何が残せるんだろう?」 って
考え込んでしまうこともある。

それでもとにかく日々、道を作ってはそこを駆けていくし、
そうするのは、立ち止まると不安や焦りと直面しすぎてしまうような気もするからで、
走りながら 「次の1年、どうすべきか?」 を整理し始めている。



sP7042496.jpg
皿をひっくり返したかのような大雨に煙る上海。


7月の1週目は、天気がとても不安定だった。

異常に息苦しい日中の蒸し暑さが、徐々に飽和してついに沸点を迎え、
突然、姿を変えて襲い来るようなイメージ。

この激しい夕立を見ると、 「あぁ、2度目に迎える上海の夏だな…」 と感慨深くなる。


こんな風に、いや多分これ以上にもっと、
次の1年はあっという間に過ぎ去って行ってしまうのだろう。

いつか結実させる上海生活のために、
いつかここを去る時、「無駄にしてしまった日々」と悔いることのないように、
ただ繰り返すだけの1年になってしまわないように。



にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 12:36| Comment(4) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

ナイ ナイ ザッツライフ イッツオーライ!

 
  手も足も出ないような悩みに縛られて
  1人きり無理やり酔っ払って
 アルバムを抱いて寝た
  目が覚めれば気分が悪い
  それだけで何も変わってないね やっぱり




誰かに相談できるようなことじゃない、
言ってもどうなるものでもない、
打ち明けても仕方のない、
解決策も特にない、

そんな想いで苦しい時、
「1人きり無理やり酔っ払って」みることもあるし、

せめて夢の中の世界に逃げたいのに、浅い眠りで見るのはひどく現実的な悪夢ばかりで、
そんな悲しい夢から「目が覚め」ても、
現実は「何も変わってないね やっぱり」と、当たり前のことに涙したりもした。

そして、そういう時はきまって必ず、この歌が頭を回り始める。



  逃がさないで 逃げないで
  胸の痛みと手をつないで 明日を迎えよう
  イヤな問題 大損害 避けて通る人生なら論外
  生きてるからしょうがない
  シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ イッツオーライ




そう、「生きてるからしょうがない」し、
生きてれば、否が応にも「明日を迎え」てしまうから、
「胸の痛み」とも「手をつないで」前へ進むしかない。

それはひどくつらいことなのだけれど、
「シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ イッツオーライ」
って、まるでおまじないのように自分に言い聞かせ、自分を鼓舞して、
半ば無理やりにでも自分の顔を上に向かせる。



  窓の外すがすがしく 晴れてれば晴れてるほど
  哀しくなるのはとても寂しいことだと思います
  僅かな月日で積み上げた 幻を後生大事に拝むのはもうやめた




「僅かな月日で積み上げた幻を後生大事に拝むのはもうやめ」るために、
自分にケリをつけるために、
昇華して、解放して、次へちゃんと進むために、

それが大義名分でも何でもいいから、自らあそこへ向かったんだ。
たとえ結果がどんなものであっても。



  甘えたいね ぬぎたいね
  ツラいおもいしないのはダサイね 素通りしたいけど
  イカす男女 ナレるでしょう
  切り抜ければ待ってる次のショウ
  トラブルは素晴らしいチャンス

  シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ イッツオーライ




だけど、そう、これを「素通り」してしまう人間になったらダメだと思うんだ。

「切り抜ければ待ってる次のショウ」
「トラブルは素晴らしいチャンス」

今すぐにわかにはそれが信じられなくても、
「シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ イッツオーライ」



〜 心配ない、問題ない、無い無い。それが人生。
  大丈夫、きっとすべてうまくいく。 〜




  楽になりたい 泣き出したい
  いつか今を軽く笑い飛ばしたい なんとかなるよ
  シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ イッツオーライ




これまでもそうやって、
これからもきっとそうやって、
何かに刺激される度、やるせなさに苦しむ度、
B'z の 『Wonderful Opportunity』 の詞を何度でも、何度でも自分自身に唱えて、

「いつか今を軽く笑い飛ばしたい」と願いながら、
「なんとかなるよ」と気持ちを新たに、なんとか乗り越え続けてゆく。



  シンパイナイ モンダイナイ ナイ ナイ ザッツライフ
  イッツオーライ!




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 12:50| Comment(2) | TrackBack(0) | others>歌詞考・思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

「SPARK」が再び起こした火花

 
†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†
   2012年春 追記
    本記事でご紹介する 「SPARK」 は、残念ながら、
    和平広場の解体工事に伴い閉店しました。移転等も無いようです。

†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



上海に住み始めたばかりの頃(=つまりそれは2009年夏のことですが)、

「上海で本格的なスープカレーを食べられるお店はないのかな?」

と、かなり検索したことがありました。


辛い食べ物が大好きで、
かつ飲みすぎた翌日には必ず体がカレー(=つまりウコン)を欲してしまう蜜としては、
キリッとスパイシーで喉越しのいいスープカレーは生活に不可欠。


東京に住んでいた頃は、
会社のエリアに近い、五反田では かなり 有名な
うどん」という店名のスープカレー屋によく通っていました。
(↑ホームページ激しいです。それからこのお店にはうどんは一切ありません。カレーの専門店です。笑)

うどん」のスープカレーは、
お店側がその表記を“すーぷかれー”とするくらい、一般のそれとは異なった
その枠をはみ出して個性溢れる格別な美味しさがあるので、他とは比べられませんが、

いわゆる一般的なスープカレー屋さんとしては、

・銀座の「スパイスピエロ
・吉祥寺の「momo
・下北沢の「マジックスパイス
・関内の「RAMAI


あたりがお気に入りでした。



・・・話を上海に戻して、
要するに、1年前の上海では本格スープカレーを出してくれるお店などは
おそらく1軒もなかった
ということなのです。

そうしたらもう諦めるしかないので、
日本から、

takumi1.JPG stakumi2.jpg
こういった固形ルー(左)やレトルト(右)を大量に買い運んで、

自宅で作るより他はなかったのです。
あ、ちなみに↑コレで作るスープカレー、かなり美味しくできますよ♪



そんな上海のスープカレー事情が、この春に一気に変貌を遂げましたよね!!

sP7082511.jpg
2010年4月、和平広場にオープンした「SPARK」。

今はもう7月。
今さら蜜が紹介するまでもなく、かなりその名が知れ渡っている「SPARK」ですが、
上海についにスープカレーが進出した喜びはひとしおだったのに、
諸々の事情で(=つまり例によって捌ききれなくて…)、最近になってようやく訪問できました☆


スープカレーだけでなく、居酒屋的な各種おつまみやチーズフォンデュなどもあって、
ビール片手に色々つまんでいたらお腹がいっぱいになってしまい、
スープカレーはシェアで食べることに。

・・・シェアだと何がちょっと困るかって、
さすがに蜜の好みだけで、辛さレベルを【激辛】とかにはできないこと(笑)


sP7082512.jpg
だからレベル4(中辛くらい?)の、ベジタブルチキンスープカレー。

これがまぁ、
ちゃんと本格的に作られていて、申し分なく美味しくてですね。

こーなると、蜜のスープカレー熱がまた一気に再燃しちゃってですね、、、


その2日後に、今度は1人で食べに(笑)


sP7102515.jpg
1人なら心おきなく辛くできます♪ これはレベル7(大辛くらい?)のチキンスープカレー。

やろうと思えば、多分さらに辛くできるのかもしれませんが、
一応、メニューに載っている辛さレベルの中では最強のレベル7。

まずはスプーンで一口。

・・・うん、やっぱりスープカレーは、これくらいアッサリと辛い喉越しがないとね☆

それでもそんなに辛くはないんですが、
まぁ辛さ云々の話はさておき、「SPARK」のスープカレーの美点は、
基本を十分に満たした美味しさと、具の1つ1つが丁寧に作られている印象が◎


たとえば、この丸ごと1本のチキンが、

sP7102516.jpg
しっかりと皮はパリッと、肉は柔らかくジューシーに焼き上げられている点とか、

ブロッコリーに微かなバターの風味を感じて、それがまた良かったりとか。。。


これだけのちゃんとしたスープカレーを上海でも味わえるようになった幸せ。
よくぞここまで進出して下さいました!!



そして、
SPARK」が再び起こした、蜜のスープカレーに対する情熱の火花は、
その後、もう1軒の別のスープカレー屋さん「cotocotoの発見にも繋がったのでした…。

同じく古北地区の、こちらは栄華東道にあるらしい「cotocoto」。
実は、こちらの方が上海でのスープカレーお披露目は少しだけ先?!

非常〜〜に気になるので、近々こちらにも潜入してみたいと思います♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Soup curry & Cafe Bar SPARK■
上海市長寧区水城路18号 和平広場2階 E7
Reservations: 021-6295-6523


   ※2012年春 追記
    和平広場の解体工事に伴い閉店。(移転等も無い模様)




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2010年07月08日

ずっと秘密にしておきたかった・・・

見つけたのはもう、半年以上も前。


一体、何の調べものをしていた時だろう?
ほんとに偶然、こんなイイモノが存在することを知り、ずっと密かに温めていた。

いつか来る“その時”のために、
それが間近に迫ったら、気持ちを込めてこれを買いに行こうと決めていた。



そして7月。ついに“その時”がやって来て、

sP6022194.jpg
富民路×長楽路にある、陶器のお店「楽天陶社」

の扉を開けることに。


sP7022439.jpg
入口すぐそばには、こんな骨董品や織物などが飾られ、

sP7022441.jpg
なんだか高貴でエキゾチックな・・・

sP7022442.jpg
セレクトショップのような・・・

sP7022436.jpg
感じがするかもしれませんが・・・・・・


そんな入りにくいお店じゃ 全然 ありませんので、大丈夫!


むしろ、フツーに手が届く、気軽なお手頃価格のお店です(笑)
田子坊の中にも支店があるそうですよ。



さて。お目当ての品は、、、

と店内を見渡すまでもなく、通り沿いの窓際にも沢山並べられていた、コレ↓

sP7022444.jpg
なんの模様のマグカップだと思いますか?



sP7022447.jpg

上海市内の地下鉄の路線図が描かれているんです!!


その名も 『Shanghai Metro map』
「楽天陶社」のオリジナル商品だそうです。

イラストの都合で、すべての駅が載っているわけではありませんが、
自分に縁のある(あった)駅が見つけられたら、喜びも感慨もひとしおかと。。。


sP7022452.jpg sP7022451.jpg
色違いも5,6種類ほどあって豊富。別のテイストの絵柄もあります。



偶然知って、以来“これ以上”は見つからなかった地下鉄マグ。
大切だから、ずっと秘密にしておきたかったけど、
もう十分。
次に誰かを見送る時までに、また新しい、とっておきの何かを探すから。


上海に根を張って生活したことのある全ての人へ、ここを去る思い出に。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■楽天陶社■
<富民路店>
上海市富民路176号(×長楽路、×巨鹿路の間)
Reservations: 021-5403-1366

# 2011年1月追記 : 店舗が 富民路168号→176号 と、ほんのわずか移転していました(笑)


<田子坊店>
上海市泰康路220号甲 1階
Reservations: 021-6445-0902




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 02:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

侮れない!中国起泡葡萄酒 DYNASTY

別に、
中国産だからって、このスパークリングワインを侮っていたわけじゃないですよ?

sP7082509.jpg
DYNASTY (王朝 起泡葡萄酒)


ただね、


これ、 48元 なんですもの。


48元 = 約670円。

まぁ失敗しても惜しくない値段だし・・・
意外にも美味しかったら、これは掘り出し物だし・・・

(掘り出し物って言っても、近所の TESCO というスーパーに普通に並んでただけですけどね。笑)



とりあえず1本買って、家で冷やして早速味見。

これは、、、


フツーに遜色なく 美味しい んですけどっ!!!


良い、良いよキミぃ〜♪

泡もしっかり申し分なく立ってるし。
(よく安すぎるスパークリングワインだと微発泡だったりするんですよ…)
色もちゃんと薄すぎぎない琥珀色。
味わいも、水みたいなんてことはなく、けれどクセもなく、標準をきちんと満たした味。


コレ48元なら、いやもうちょっと高くても、合格でしょう〜◎


sP7082510.jpg
天津が産地なんですって。 あら。(笑)

ワインを買う時に必ず確認するラベルの項目は、
干型(辛口)なのか甜型(甘口)なのか?ですが、これは 天然型 って書いてある(笑)
でも、明らかに辛口の部類ですね〜。蜜は好き。


おかげさまで、
最近の自宅用スパークリングは、この DYNASTY を常備3本☆

あぁもう、ウチの冷蔵庫、ほんと小さいのに。。。



sP7092513.jpg
そんなワインのお供たち。


ポップコーンは、バターソルト/チェダーチーズ/サルサソース味。
味選びは、その時の気分。

ザーサイは、近くのショップでたまたま籠売りで安かったから。
でも辛みが全然なくって(というより甘め…)、物足りないので、
日本から持参の“日本一辛い”らしいお気に入りMy七味をかけると、うんまぁなかなか。


1番のヒットはこれだな、TARTARE クリームチーズ♪

今、本当に探しているチーズは、
以前ねえさんのお店「水土木」で食べたシャクシャクチーズ(勝手に命名)
だったんですけど、
蜜の普段の行動範囲内にある 気の効かない スーパーじゃ見つからない・・・


以前、友達から激しく薦められたガーリッククリームチーズが
果たしてこの TARTARE クリームチーズだったのかが真偽不明なのですが、
見定めてたまたま買ったこのハーブガーリッククリームチーズが、めっちゃ
侮れない中国起泡葡萄酒 DYNASTY に合えば、それはそれで幸せだからいいや♪



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 上海生活>お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

氷に惚れる「地蔵」

以前、お参りした記事を上げました、

sP6182350.jpg
古北路555弄の焼酎バー「地蔵」。


すっかり気に入ってしまって、
あれからも数回、詣でさせて頂いております。(どういう敬語? 笑)


【1】 6月中旬の某日

某所で飲んだ帰りの深夜。
12時を丁度まわった頃でも、「地蔵」はカウンター席は満席、という状態。
でもオーナー斉藤さんのご厚意で、一席だけ空けて頂き、

sP6182351.jpg
まずは芋焼酎 六代目百合 を飲んでいるうちに・・・

今度は、他のお客様がほぼ一斉にお帰りになってしまい、蜜1人に。(笑)


わーい。
斉藤さんと、きょんきょんの一人占めだぁ♪

(※すでに閉店時間が差し迫っているのですが・・・)


前回、「地蔵」の記事を上げた時にコメントを頂いたのをきっかけに、
このお店のmixiコミュの管理人でもいらっしゃる、ある常連さんと
メッセージをやり取りさせて頂く機会があり、
その際、その方が「ぜひ飲んでみて下さい」と教えて下さった芋焼酎2本を頂戴することに。

両方とも、非常に稀少なお酒なんですって☆


まず1本目。

sP6182353.jpg
鹿児島の田苑酒造 流川。

『紅芋の華やかで上質な香りとなめらかな味わいを実現しています』
といった触れ込みの通り、甘めで深みのある芳香の芋焼酎
こういうほっこりした味わいのものを、舌でゆっくり転がしながら飲むの、好きです。


そうして、気付きました。

sP6182354.jpg
焼酎バーなのに、この美しく丸い氷に。。。

たとえばシングルモルトを差し出されるなら、こういう氷はスタンダードですが、
洋酒を扱うバーでも全くないのに、この氷は・・・

そのことを口にすると、斉藤さんが、
「丸い氷は一番溶けにくいので、最後まで焼酎の味がなるべく薄まらないように」と…。


「地蔵」に惚れた瞬間です。


さて2本目は、

sP6182356.jpg
稀少の中の稀少のうちの1本だそうです。田倉。

しかも、

sP6182355.jpg
クチを空けるのは、蜜がトップバッターなんですって!!!

斉藤さんが、
「今から栓を開けて最初に嗅ぐ香りは、蔵元だけでしか味わえない貴重なものですよ!」
と仰って、蜜にその一升瓶を預けて下さいました。

その幸運な香りを胸いっぱいに吸い込んだ後、
田倉、頂きましたとも。

流川に比べると、今度はだいぶスッキリとした、辛口で洗練された飲み口。
同じような味わいが続いても面白くないですからね?
おかげさまで、すっかり利き酒気分で稀少な銘柄を堪能させて頂いちゃいました♪

こういうことができるのも、
取り揃えが豊富で、かつ熱いファンに支えられている「地蔵」だからこそ?



【2】 6月下旬の某日

またもや某所で飲んだ帰りの深夜。
12時をまわる前でしたが、この夜のカウンター席はわずかに空いていました。

その時の気分で曖昧に飲みたい味の芋焼酎をお願いしたら、

sP6282417.jpg
斉藤さんセレクトで差し出された 悟空の眠蔵 を美味しく頂き・・・


2杯目は、
以前飲んだ時に、その焼き芋のように甘くてほっこりした香ばしさが忘れられなかった

sP6292418.jpg
炭火焼安納芋

最後の1杯を飲み干してしまいました〜♪ (すいませーん。。。)


そして〆は、

sP6292419.jpg
蜜おなじみの(?)泡盛 春雨ゴールド で。

この夜のお通しだったシメ鯖と、
追加で頼んだモツ煮(←柚子七味をいっぱい振るのが蜜流☆)には、本当に良く合うお酒たち。

逆かな?
めくるめく美酒たちに良く合う、胃に沁みわたる粋なおつまみ、かな?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■地蔵■
上海市長寧区古北路555弄 B2楼101室(×仙霞路)
Reservations: 136-3646-3490




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2010年07月05日

アイタイキモチ/アイタクナイキモチ

 
アイタイキモチ と、アイタクナイキモチ は、表裏一体だ。


本当はアイタイくせに、アイタクナイと思うのは、
傷つくのが怖いからだ。

自分の意思とは裏腹に、心が勝手に締めつけられていくのを
止めることなんてできないからだ。



 会えない時間を一人で 忘れる努力するより
 胸の痛みを 笑顔の下敷きにしても 会える方を選んだ

 (DREAMS COME TRUE/『STILL』)


さすがにもう、そんな勇気は尽きただけだ。

いつのまにか諦めは臆病に替わり、
アイタイキモチをアイタクナイキモチに押し殺して、逃げただけだ。

そうやって自分を守った結果が、こうなだけだ・・・




 誰も愛さなければ寂しさなんて知らずに過ぎて行くのに
 (岩崎良美/『タッチ』)


 怖いのかい? ヒトと触れ合うのが。
 他人を知らなければ裏切られる事も、互いに傷つく事も無い。
 でも、寂しさを忘れる事もないよ。

 (渚カヲル/『エヴァンゲリオン』)



果たして、どちらが真実だろう?

誰かを想うことで生まれる寂しさと、誰のことも好きじゃない寂しさと。



 人間は寂しさを永久になくす事はできない。
 ヒトは一人だからね。
 ただ忘れる事が出来るから、ヒトは生きていけるのさ。

 (渚カヲル/『エヴァンゲリオン』)




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 18:30| Comment(4) | TrackBack(0) | others>歌詞考・思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

静安寺裏の鍋貼は、別れの味?

7月最初の土曜の夜は、送別から始まりました。

上海生活2年目の、のっけからもう、お別れ(笑)
・・・そういうものが巡ってくるようになるんですよねぇ。
これから、どんどん、次々に。。。


友人を送別すること自体は初めてではありませんが、
蜜と同時期、あるいはその後に上海へ来た人を見送るのは、今回が初めて。

寂しい。

けれど、上海を去る彼らが、
今後またそれぞれの場所で輝き活躍していくことを思うと、
精一杯の笑顔と感謝の気持ちで送別を!


   sP7042480.jpg


* * * * * *


この送別会が行なわれた会場は、静安寺駅の裏の urbn hotel 4階。

40人前後の集まる大掛かりな会になったため(幹事様、大変おつかれさまでした)
パーティールームを貸し切る形で行なわれました。
間取りもオシャレでスタイリッシュな、とても素敵で使い勝手の良いフロアでしたよ☆


・・・でも、本記事はその会場についてではなくて、、、
そこから程近い、超ローカルな中華食堂の鍋貼について です(笑)


静安寺駅から会場となった urbn まで、大体歩いて7,8分なのですが、
その途中の膠州路×北京西路の辺りにそのお店はあります。
鍋貼を焼く鉄鍋が通りから見えるのが特徴。

この夜、一緒に送別会に参加した友達の1人がこの鍋貼に目をつけ、
一次会の終わった後ここで大量に鍋貼を買い込んで、
二次会の場所となった友人宅へ差し入れてくれたのです。

この鍋貼が、めちゃ旨♪


以前、「小楊生煎館」の焼き小龍包(生煎)を食べた時にも、その美味に感動しましたが、
ここのは鍋貼なので、日本人お馴染みのあの焼き餃子の形をしているのに
中身は小龍包のようなダシの効いた肉汁スープが飛び出すほどにいっぱいなところが◎!!



その後、友人宅で朝まで飲んで、家に帰って一旦就寝。
正午前に目が覚めた時、
「お昼ゴハンに食べたい」と思わず食指が動いたのは、またしてもここの鍋貼(笑)

だって、今度は熱々の出来たてが食べてみたかったんだもん。

IMG0151A.jpg
というわけで、2日連続で膠州路×北京西路。(ウチからわりと近いですし…)

お店の看板は、ご覧の通り麺屋っぽい。貼られたメニューにも麺が前面。
だけど、通り沿いで鍋貼を焼く鉄鍋が目印です!


sIMG0150A.jpg
注文してお金を払っているうちにもう差し出される鍋貼。4個3.5元が嬉しい。


あぁ♪ 出来たては、さらにめっちゃ旨っ♪♪

肉汁スープが飛び出してはもったいないので、一気に頬張りましょう。
そんなに熱すぎないから大丈夫。
青島ビールを流し込めば没問題。


何よりも“焼き”餃子LOVEな蜜にとっては、
日本食居酒屋で食べる正統の焼き餃子とは異なる、中国の鍋貼には失敗することも多い。
水餃子をそのまま焼いちゃっただけ?みたいな分厚い皮で、中身もボソボソ・・・とか。

生煎は、すごーく美味しくて大好物だけど、焼き“小龍包”の部類。(一応)
このお店の鍋貼は、揚げ餃子に近い感じですかね。
意外にも薄めの皮はパリッとしていて、中身のジューシーさも生きている。


他にもおいしい鍋貼は、なにもここに限ったことではなく沢山あるだろうけど、
とにかく3.5元でこんなにも満足できるB級ローカルな小吃は最高!
もし自分が日本に帰った時に恋しくなる味は、絶対こういうのなんだろうな。



蜜が膠州路×北京西路のこのお店にいる頃、
前日に送別した友人の1人が、ちょうど帰国する便に乗り込んだあたりだと思う。
上海を後にする彼と、ここにもうしばらく残る自分。

様々な想いを反芻しながら、鍋貼の味を噛みしめた。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■(店名は記事中の写真をご参照下さい)■
上海市静安区膠州路(×北京西路)の交差点付近
Reservations: ?


■urbn hotel■
上海市静安区膠州路183号‎
Reservations: 021-5153-4600‎




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2010年07月03日

『思い出だけではつらすぎる』

自分の上海生活1年目が終わりを告げる節目を意識するのと同時に、
ひしひしと、じりじりと、
否が応にも付いて来る、もう1つのやるせない気持ちがありました。


それが先月の終わりのある日に、ふと、
どこかで聞いた覚えのある1つのフレーズが心に浮かんで、
そこにぴったりと今の想いが結ばれました。


『思い出だけではつらすぎる』




どこで目にした言葉だったろう?


早速この一言を検索してみる。
あ、なるほど、と。

柴咲コウの4枚目のシングルのタイトルだったのだそうで。
2003年の発売なので、わりと古いですね。

それでも知っていたのは、蜜が柴咲コウのベストアルバムを持っているから。
ただ実は、ちゃんとタイトルを確認しながら全曲流したことは今までに数回しかなくて、
だから記憶が薄かったんですね…。
それでも、この1フレーズだけが、脳の奥深くへ知らぬうちに焼きついていたんでしょうね。



 『思い出だけではつらすぎる』

  恐れを覚えて 大人になりすぎて
  あとわずか爪先踏み出せなくなりそうで

  思い出だけではつらすぎる ありえない窓は開かない
  本当の鍵はただひとつ 永遠にあなたが持ってる




   sshibasaki.jpg



今回あらためて何度も繰り返し聴いてみて、心に一番沁み入った歌詞。


柴咲コウの歌は好きです。
そんなにたくさん知ってるわけじゃないけど、『最愛』には泣いた。
彼女の声の持ち味が存分に発揮された、苦しくも温かに浄化されるような歌声。

『月のしずく』を情緒的に、『かたちあるもの』を壮大に歌い上げる柴咲コウの歌唱力は、
美人で迫力ある演技派女優に天は二物も三物も与えたのだなぁ…
なんて、いつも思ってしまうほど。


だけど、この 『思い出だけではつらすぎる』 は、
柴咲コウでも勿論かなり良い出来なんですけど、個人的には MISIA にも歌ってほしい
似合うと思うんだ、彼女の溢れんばかりの声量には。
また違った感動が歌に生まれると思う。

ちなみに、作詞作曲は中島みゆき。本人によるカヴァーも出ています。



ただ、実は、
歌詞全体を通して読んで、背景のストーリーを探ってみても
何故サビとタイトルに 『思い出だけではつらすぎる』 という言葉が込められたのか、
あまり想像がつかないのです・・・。

この1フレーズだけが浮き上がって、突飛な印象さえ感じてしまう。
けれど逆にそこが、ありのままの、剥き出しの一番強いメッセージ性を帯びている。
真意が凝縮されている。


つまり、

言いたいことも想うことも沢山たくさんあるのだけど、
言葉にできる気持ちはもう、今はただこの一言しか頭に浮かんでこないんだ。

『思い出だけではつらすぎる』




にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | others>歌詞考・思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

夏の夜長は「水土木」でPRUCIAでも。

 
†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†
   2011.06.13 追記

    本記事でご紹介する 「MIZUTOKI(水土木)」 は、
    残念ながら、6月11日付けで女性店長が業務を離れられたことにより、
    それ以降は、閉店もしくは同店の業態・雰囲気等が異なる
と思われます。

†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



・・・「次の1年」を考える、その前にお酒の話を1つ。(笑)


まぁ、毎度おなじみのバー「水土木」なんですが、
先月19日の記事でちょこっと触れた、魔法のように衝撃的なアノお酒

PRUCIA が、7月1日からついにお店に登場!!

という告知メールを店長のねえさんから頂き、
早速「水土木」ブログを確認したところ、

お客様還元セールと称して、お得な企画が行なわれていました。


以前、その正体を隠されながら試飲させてもらった時の
衝撃の美味しさが忘れられなかったのと、
そのボトルの可愛らしさ(特に 非売品 のミニボトル☆)に、
ついつい自宅用にも欲しくなってしまい、、、



お金も足りないのに、


sP7052499.jpg
販売初日の深夜、PRUCIA(700ml)+非売品の小瓶 を一路ゲットへ〜♪♪


・・・はい、実はこの時、持ち合わせがありませんでした(爆)


だって、別の場所で飲んでた矢先に、
売れ行きのスタートダッシュが非常に好調だとかいうメールを見ちゃったんだもん。
翌週明けに「水土木」に行く予定があったけど、それまで残ってるか不安だったんだもん。
この夜にたまたま飲んでた場所が、「水土木」の近くだったんだもん。
ていうか、早くこのPRUCIAをまた飲みたかったんだもん!

→ お金も無いのに、「水土木」へ急きょ立ち寄り。


ねえさん、本当すいません。ありがとう。(涙)
※良いコは決してマネしないように。


因みに、これが蜜にとって人生初のボトルキープです(意外とね。笑)
それがまさか ツケ になるとは。あはは…。


* * * * * *


PRUCIA、その後も大人気で飛ぶように売れているそうです。

もし、その味が気になる方はお早めにご来店されるのが吉、と思いますが、
企画用入荷数完売後も、正規メニュー価格での販売を続行されるということなので、
よろしかったら皆さま是非ご賞味あれ♪


強いお酒があまりお得意でない女性とご一緒にいらっしゃる際や、
強いお酒を普段から飲みすぎていて、たまには胃や肝臓を休めたい方(どなたのことかしら?)
にも最適な、このPRUCIA。

正体は、MADE IN FRANCE の梅酒


■ LIQUEUR DE FRANCE PRUCIA(リキュール ド フランス プルシア) ■

『南フランスの陽光をたっぷり浴びて育った高品質のプラム(ゴールデンジャパン)で作った
 フランス産プラムリキュールです。
 葡萄果汁を蒸留して造ったグレープスピリッツに漬け込み、
 ブランデー樽に貯蔵して熟成させることで芳醇な味わいに仕上がっております。』



梅酒なので、もちろん甘いです。
が、そのフルーティさの中に芳香な深みと長い余韻を感じるから、これは格別。

「水土木」では、
蜜はショットグラスにストレートか、クラッシュした氷に注いでもらっていますが、
他にもこんな飲み方のバリエーションも、自宅で楽しむには素敵かも!


デザート代わりに、眠れぬ夏の夜長に、どうぞ1杯。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■MIZUTOKI(水土木)■
上海市長寧区虹古路130号(×芙蓉江路)
Reservations: 150-0176-9536




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 17:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 上海生活>お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。