株主

2010年05月20日

「wine-link」で、赤のスパークリングワインを。

あるワイン好きの友人のところへ、
お祝いに持っていくお酒は何がいい?という話になった時。

スパークリングワイン好きの蜜は、
お宅訪問には「wine-link」の起泡酒を、とまずは考えて、それから
以前からその存在は気になっていたけれど飲んだことのなかった
赤のスパークリングワイン
のことを何気なく口にしたら・・・

「それ! 美味しいから、それを飲もう!」

という、意外で嬉しい返答が。
蜜は本当にいつも飲む専門で(笑)、何も知らないのですが、
赤のスパークリングワインはオーストラリアで作られているので有名なんですね?

言われてみれば確かに、安福路の「wine-link」は、
オーストラリアワイン専門のワインショップです。
さすが詳しいなぁ…。
以来、この友人と赤のスパークリングワインを飲む約束の日を楽しみにしていました。


その前に、まずは事前準備。

sP4231704.jpg

sP4231709.jpg

Moet社のオーストラリア産スパークリングワイン "GREEN POINT" を、
赤・ロゼ・白、いっぺんにまとめ買い♪


sP4231712.jpg

白とロゼは、すでに今までに何度も愉しんでいます。

この "GREEN POINT" の白のスパークリングワインは、
グラスに注いだ時のシャンパンに似た薄い琥珀の色合いと、しっかり目の味が
本当にお気に入りで、蜜の家の常備酒になっているほど。


sP4231713.jpg
けれど今回の主役は、↑こちらの赤い起泡酒です。

深紅のラベルが気品ある、このボトルを開ける夜がついにやって来ました。

sP4231717.jpg
泡立っているのが伝わりますか?

色合いも、グラスからのぼり立つ香りも、まさしくですね。
頂いてみましょう。

・・・すごく飲みやすい赤。


ワインの好みが「スッキリと辛めの白」に偏りがちな蜜は、
こっくりした赤ワインだと、食事が進んだ後でないとお付き合いできないのですが、
これは、さすがスパークリングワイン。

赤らしい渋みを残しつつ、さらっとした飲み口と泡とが見事に調和して、
はじめの乾杯からスイスイと飲めてしまう軽やかさがちゃんとある。

なんだか独特な魅力を持つ、赤のスパークリングワイン。



ずっと楽しみにしていたお酒が美味しくて、
それを一緒に愉しめる人といられるこの時間も嬉しくて、
スタートから気分が高揚しっぱなしの、本当に幸せな夜でした。

赤の次は、白の"GREEN POINT"も空けて、
たくさんの笑顔を交わして、心も体も溢れるくらい満たされて、
もう1本別の白ワインにも手を延ばしながら
次第にふわふわとまわってくる心地よさに身を任せて・・・
あとは揺れて泳いでいました。


至福の時間のきっかけをくれた赤のスパークリングワインは、
蜜の中で忘れられない、特別に良い思い出のひとつに。

さて次は、この幸せなお酒を誰と飲もう?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■wine-link■
上海市徐区安福路228弄18号
Reservations: 021-5403-6548




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 14:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 上海生活>お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。