株主

2010年02月04日

だから水曜夜に「JZ CLUB」

 
sfP2040915.jpg


これまで蜜を何度かジャズバーに誘ってくれた知人が、
この2月上旬で長期日本出張となり、帰国日未定… というので、
行き納めに、彼の大好きな 水曜夜の「JZ CLUB」 へ再びご一緒しました。



sfP2040908.jpg
フロアの奥に、1週間の出演者の案内が。水曜日はボーカルメイン♪

水曜日はやはりかなり人気が高く、1階も2階も、22時過ぎですでに満杯。
2階はテーブルチャージが必要になります。
また土曜日だと、入場料がいるんだとか。(平日はありません)



sfP2040899.jpg
今回は、第2ステージ(22:30- START)が黒人男性ボーカル。


ジャズ好きの知人曰く、「スティービーワンダーに似た声色」という彼の歌声。
スローなナンバーで始まったかと思いきや、
途中からエレキギターを先導に盛り上がるアップテンポに変調し、
会場を一気に沸かせていきました♪

前回 も披露されていた曲があり、
こうやってライブで少しずつ覚えて慣れてゆくのも楽しいものだな、と思ったり。



sfP2040906.jpg
選んだカクテルは、『Between the sheets』。

イメージは、The Isley Brothers の同タイトルのナンバー。

あるいは、久保田利伸 『JAM WIZ ME』。

・・・何故かここに来ると必ず思い起こされる、この2曲。
どちらも最高にセクシーで大好きな歌。気分に合わせて頼んじゃった。

ちなみに、この「JZ CLUB」で出されるカクテルは、結構ちゃんと美味しいですよ!



sfP2040922.jpg
ブレイクを挟んで続く第3ステージ(23:30- START)は、白人女性シンガー。


少し細めの硬質的な声ですが、先ほどの温かみある黒人男性ボーカルの後に
クールダウンして、軽やかなジャズナンバーを楽しめます。
寒色系のブルーに変わったステージのライトも、それを演出しているかのよう。



考えてみると、
偶然ここには3ヶ月に1度くらいのペースで訪れているのですが、
音楽に身を委ねながら馳せる想いは、毎回違っているような気がします。

次にまた「JZ CLUB」に立ち寄る時、
今の自分は、どんな自分に変わっているんでしょうね・・・?



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■JZ CLUB■
上海市徐匯区復興西路46号
Reservations: 021-6431-0269

※お店のHPは コチラ。(このリンクは音が出ます)




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif 中国関連ブログランキングへ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。