株主

2010年01月24日

お次は「富春小籠」の小籠包

少し前に、

>> 上海にゆかりある皆さんの、Myイチオシ小籠包 が知りたい。

ということで、まずは「佳家湯包」の純蟹粉湯包を ご紹介しましたが。


実は、この「佳家湯包」に行くより少し前から気になっていたお店があったんです。
それは、chinausaさんが立ち寄られた という、

sP1220778.jpg
愚園路×鎮寧路に位置する、「富春小籠」。


・・・ここ、かなり蜜の住まいの程近く。
そもそも、よく通ってる 餃子の美味しい「劉記」 グループのお隣だったし!(笑)


もちろん、chinausaさんのご感想を拝見して心惹かれたわけですが、
このあまりに近所だったお手軽さ加減も、さっそく「富春小籠」を訪れた一要因☆


sP1220772.jpg
メニューは小籠包だけでなく、ワンタンや揚げ物、麺など幅広く扱ってますよ。


時間帯によっては並ぶほど混み合うそうなので、蜜はそれを避けて来店。
というのもあって、今回は小籠包のみを注文することにしました。

↑写真、小さくて見えにくくて申し訳ないのですが、
 ・富春小籠 4元/6個
 ・蟹粉小籠 12元/6個

を選んで、先に店先のレジで料金を支払ってから席へ着きます。


sP1220774.jpg sP1220773.jpg
店内は「佳家湯包」のように狭くなく、割合ゆったり。  各テーブルには酢と赤い調味料、にんにくの粉も。


待つこと5分強。アツアツの籠が運ばれてきました♪

sP1220776.jpg
富春小籠 4元/6個

sP1220777.jpg
蟹粉小籠 12元/6個


まずは、富春小籠の方から。

あ!これ、蜜の好きな味♪ っていうのが、もう率直な感想(笑)

本当にシンプルな肉団子とスープの小籠包なんですが、
その味付けと出汁が美味しいんでしょうね。素材の味がよく引き立っているというか。

前評判にも聞いていた通り、確かにちょっと皮は厚めで、
芸術作品のような洗練された小籠包… っていうタイプとは異なりますが、
これはこれでアリ。
というか、この素朴感が逆に好き。


そして、もう1つの蟹粉小籠の方ですが、
うーん・・・
「佳家湯包」の純蟹粉湯包 を食べてしまった後だと、
もうフツーの蟹粉小籠では物足りなく感じるようになってしまったのかも…? (苦笑)

値段も全然違いますからね。
あんな蟹を丸ごと頂くかのような小籠包とは種類も別なわけですし、
比べるのもおかしいのですが。
もちろん、この蟹粉小籠は蟹粉小籠としてちゃんと美味しいんですけれどね。


ちょっと遊び心で、いくつかの蟹粉小籠に、
テーブルに置いてあった赤い調味料をつけて食べてみちゃいました。
あっさり蟹味にアクセントが加わって、なかなかイケましたよ!(邪道ですかね、やっぱ… 笑)

ていうか、この赤い調味料が素晴らしい♪
これで茄子味噌炒め作ったらすごーく良い出来になりそうなんですけど♪♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■富春小籠■
上海市愚園路650号(×鎮寧路)

※天山西路159号にも支店がある模様。




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。