株主

2010年01月09日

その前に1杯、「Bar キャッツアイ」で

お目当てのバーが、この日に限ってちょうど貸切があり(事前に知っていましたが)
一般へのOPENは午前0時から再開、とのこと。

真冬の延安路×法華鎮路、23時過ぎ。。。
ちょっと早く着きすぎてしまったので、

sP1090624.jpg
近くにあったこちらのバーで、しばし暖を取ることに。


Bar キャッツアイ」、
フリーペーパーへの掲載もあり何度か目にしていたので馴染みはあったものの、

sP1090626.jpg
・・・ちょっと、入るのに勇気のいる入口外観。。。


*** 2010年6月追記 : 近頃、この看板変わりました。
  今は控えめな感じになって、個人的には以前のものより好ましく思います ***



いえね、
一般的にはおそらく、かの蜜お気に入りな「shanty」の方が
そりゃあよっぽど入るのに勇気のいる造りかもしれませんけれどね?

ちょっと尻込みするタイプが違うんですよ。。。

うまく表現しづらいんですが、遠まわしに言うと、
こういう入口を見ると、
日本人女性が1人で入るには明らかに場違いな、
煌びやかな世界が繰り広げられていたらどうしよう

という勝手な先入観が、つい・・・。

なんとなくですけどね?



sP1090628.jpg
でも、そんな心配は無用でした。失礼いたしました。


白を基調としたシンプルな店内。
装飾なども最小限にまとめられており、席の配置にも余裕をもたせてあるため、
もともとわりと広々としたフロアがさらにゆったりに感じられます。

ウィスキーを主としたメニューが多いよう。
この夜は、蜜は後にお目当てのバーが控えていたので、

sP1090632.jpg
添えられるセロリが特徴ある、ブラッディ・マリーを1杯だけ♪


「shanty」で頂いたブラッディ・メアリーのように、
辛めのタイプを好む蜜としては、スパイシーさは若干物足りないものの、
それを補うように、スノースタイルでサーブされたグラスの淵の塩気が絶妙。


こちらもちょっと立ち寄るつもりで入ったバーでしたし、
丁度この時、奥のテーブル席に団体のお客様もいらしたことから、
バーテンダーもフロアスタッフも少しお忙しそうだったので
特に会話は交わせなかったのが残念な点でしょうか。

若干アウェーな雰囲気も感じつつ、
カクテルを味わいながら30分ほど温まらせて頂きました。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Bar キャッツアイ■
上海市長寧区延安西路1616号(×法華鎮路)
Reservations: 021-5230-8615




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。