株主

2010年01月02日

お雑煮作りは、料理ブログ風に?

・・・ちゃんとしたお料理ブロガーさんには怒られちゃいそうですが、
1回くらい真似事でやってみますか(笑)

お正月料理♪

今までだったら、実家に帰って両親が用意してくれたものを食べてましたけど〜…
今年はそうもいかないので、上海で自炊。

ちなみに今回の食材のほとんどは、虹梅路の City shop で購入しています。
輸入食材もワインも、取り揃えの豊富なスーパー。
日系ではないですが、それなりに日本の食材も扱われています。



◆ 蜜の実家風お雑煮 ◆

sP1010516.jpg sP1010519.jpg
実家も東京なんで、別段特徴のあるお雑煮ではないんですが…。鶏ダシの塩味と毎年決まってます☆


1.お鍋に水を注ぎ、質の良い塩を適量加えて沸騰させる。
2.鶏もも肉を一口大にハサミでカットして、1に入れて煮込む。

- - - ここまでを、元旦の半日くらい前(大晦日の晩)に下ごしらえしておくとダシが良く出ます - - -

3.しいたけをもどしておく。
4.大根・にんじんを銀杏切りして、2に入れて煮込む。
5.斜め切りした長ねぎと、たけのこの水煮を4に入れて煮込む。
6.3のしいたけを5に入れて、塩とごく少量の胡椒でダシの味を調整。
7.おつゆの出来上がり!オーブンで焼いたお餅を器に入れ、その上に注ぐ。
8.お好みで、あさつきや茹でたさやいんげんなどで彩りを。



◆ 蜜の手抜き筑前煮 ◆

いつの頃からか、蜜の実家では毎年定番のお正月料理となった筑前煮。
冷めても美味しいから、いっぱい作って余らせておくのが good!

sP1010514.jpg
これも大晦日の晩から作り置きしておくと、野菜に味がよく染みて味わい深くなりますね♪


1.しいたけをもどしておく。
2.鶏もも肉を一口大にハサミでカットし、焦げないように注意して油で炒める。
3.ニチレイの「和風野菜 煮物用」を解凍して、2の鍋に投入。 ←※ここが手抜きすぎ…
4.ほんだしを1のもどし汁に溶かして、3の鍋に注ぐ。しいたけも鍋へ。
5.4を煮ながら、めんつゆ・醤油を適量、味見しつつ入れていく。
6.具にすべて火が通って色付いた頃、適量のみりんで甘みと照りを。
7.落し蓋をしたら、あとはひたすら煮詰めて出来上がり♪



・・・ハイ。
蜜には、お料理ブログは向きませんね。
(笑)





ozoni_2010_111.JPG


上海でも実家のお雑煮の味、に自分で癒されました。。。

本当は頂いた紹興酒をお屠蘇にするはずが、
やはり和食を目の前にしたら、どーーしても日本酒に合わせたくなってしまい!
取っておいた友達からの津和野みやげ「鴎外」を。


sP1010527.jpg
元旦の上海の空。気持ちよく晴れていて、雲の形もおもしろかったので1枚。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■City shop■(虹梅路店)
上海市長寧区虹梅路3211号(×程家橋支路)
Reservations: 021-6215-0418
※デリバリーやネットショッピングも可。




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 03:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。