株主

2009年11月12日

古北で、思いがけず耳にした・・・


恋をしていたのは去年の夏の頃さ
いつまでも この胸に Oh! Claudia 憶えてる

I'll never forget you Just forever Wow
Can't You Hear Me? My Love


――『Oh!クラウディア』 SOUTHERN ALL STARS



* * * * * *


古北の美濃屋さんで買い物をしていたら、店内のBGMでこの歌が流れてきました。


あっ    …と、思わず手が止まった。
この歌、知ってる。
覚えてる。

でも、その歌のタイトルや歌詞を思い出すよりも前に、
この歌が自分にとって何であったのか、という記憶が
蜜の脳の奥底、海馬をすごい勢いで巡って、瞬時に蘇りました。


          stime111.jpg


数年前に10ヶ月ほどの間、近い距離で一緒の時間を何度も過ごした人のこと。


その人のことを別に忘れていたというわけではなく、
むしろ最近になって、よく思い出すことも多かった。
今どうしてるかな?とか、あの頃たくさん遊んだなぁ、とか。。

でも、この 『Oh!クラウディア(※このリンクは音が出ます) は、
「サザンはこれが好きなんだ」と彼が歌ったから、私も覚えた歌だった・・・
ということは、何故か今の今まですっかり忘れていて。

だからそれが、こんな思いがけない所でBGMとして流れて蜜の耳に入り、
眠っていた記憶が急に蘇って、一瞬にして頭の中でその2つが確かに繋がった時、
正直ビックリしました。本当に不意うちだったから...。

脳に一度刻まれた記憶って、すごい。

その回路をまわる速さも。



           shikari111.jpg


・・・そうしたらもう、あとは美濃屋さんでの買い物もうわの空になってしまいました。

どうして、この歌のことは今まで忘れてたんだろう? とか、
そういえば、その人が「この小説が好き」と言ったからあの本も買ったなぁ... とか、
色んな思い出が一気に押し寄せてしまって。。


この後、蜜は家に帰ってからCDラックを探し回って、
『Oh!クラウディア』の入っているサザンのCDを見つけエンドレスで聴いた
…ということは言うまでもありません。


           sSOUTHERN1.jpg


初めて会った数年前の夏。梅雨の真っ只中の、金曜の夜。
実は年がずいぶん離れていた2人でも、すぐに意気投合して、未明まであの街をハシゴした。

それからは何度も何度も、気になるお店を見つけては誘い合って、夜のひとときを一緒に楽しんだ。

その人の誕生日に、その頃一番好きだったお酒をあげた。
蜜の誕生日の当日に、あそこのレストランでお祝いをしてくれた。
バレンタインデーに、あのスイーツをご馳走した。
ホワイトデーに、蜜の大好物のお返しをくれた。
どれだけ逢っても、話しても、その言葉が尽きてしまうことはなかった。


付き合っているわけではなく、曖昧な、そして未来のある関係でもなかったけれど、
でも、お互いに「会いたい」と想う気持ちだけは確かに重なり合っていた・・・
そういう2人だったような気がします。

今なら分かるんだ。
立場もあって、仕事ですごーく忙しくてストレスフルだったその人が、それでも
毎日、どれだけ蜜と触れ合う時間を大切に確保してくれていたのかを。
そして当時の蜜は、そういう彼を理解して癒したいと思いつつ、
もどかしい間柄を楽しむ余裕を持つには、まだちょっと若すぎたかもしれないな... と。



          Bar111.JPG


* * * * * *

心にしむ恋は 今宵悲しく
一人でいるときなおのことだよ



こんな歌詞で、後奏もなく突然に終わるこの歌のように、
私たちが逢い続ける日々も、ごく自然に、急な終焉を迎えました。

たぶん、その頃のお互いの様々な理由で。



蜜は今、この歌でその人と共に過ごした時間に思いを馳せる。
彼は、誰のことを想いながら、この歌をずっと愛していたんだろう…?



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | others>歌詞考・思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。