株主

2009年11月18日

上海上陸してたのね!「Carl’s Jr.」

つい先日、人民広場を歩いていたら、

sPB170486.jpg
↑来福士広場(ラッフルズスクエア)のところです。


たまたま「Carl’s Jr.」の看板を見つけたので、

sPB170487.jpg
分かりづらいので、拡大すると・・・


sCarls_Jr.jpg


即入ってしまいました☆
上海に進出していたと知らなくて、珍しくてつい・・・


ていうか、日本にすら上陸してないのに!


本拠地アメリカですら、西海岸側でしか見たことないです。
(そもそもアメリカ西海岸で有名なハンバーガーショップなんです。)


sPB170490.jpg
来福士広場1Fの広告。なかなか大きくCMされてますね〜

店舗は地下1階になります。
エスカレーターを降りたすぐそば。

sPB170489.jpg
「Carl's Jr.」は、中国語表記では↑こうなるのですね。 語感似てる...?


お客さんの入りもまずまず、、、といったところ。
混んではいませんね、やっぱり。(時間帯にもよると思いますが)

マックやKFC、バーキンに比べると、中国での扱いは、
本場アメリカよりも半高級バーガーの部類に位置づけられているような気がします。
日本でいうモスバーガーみたいな感じ?
お値段的にも。。
他店ファーストフードと比べると、約1.5倍くらい。(1セット37元前後)

でも、それに比例するように、肝心のお味の方はなかなか♪
ちゃんとハンバーガーがしっかりしている。本場のクオリティを損なっていないです。
バンズもお肉も食べごたえがあ(りすぎ)る〜。


shanbaobao_c.jpg ※これはイメージ画像です。


でも何よりも蜜を驚かせたのは、そのフライドポテトの美味しさですけど。

太くない、適度な細さなのに、おいもの味がちゃんと感じられる。
そしてなにより、揚げたてっぽいカリッとサクサク具合が〜!
フライドポテト愛好家にはたまりません!!

(だって上海ではどこのファーストフードへ行っても、古そうな油を吸いすぎて
 しなっとなったポテトしか出てこなくて悲しかったんだもん…。)



コチラの記事によると、
『中国で今後100店の開設を目指す。』 と書いてありますが、ホントかなぁ?

『1号店は上海のラッフルズ・シティーで7月に開業の予定。』
とありつつ、実際にOPENしたのは9月のようなので(笑)
まぁこんな感じで、ゆるゆると展開されていくんでしょうかね?

それでも100店舗進出は、嬉しいかも。
今後の上海での拡がり具合が楽しみです♪



最後に余談ですが、蜜はかねてより
東京の「クアアイナ」と沖縄の「A&W」の上海進出を願っております。
この2店の共通点は何だか分かりますか?

答:フライドポテトが美味しいところ、です!(笑)


…あ、もちろん!2店とも肝心のハンバーガーもしっかりしてるんですけどね。
蜜にとって、上質なフライドポテトをお手軽に食べられるってことが
どれだけ重要pointか☆

来てくれるかな〜? 来てくれないだろうなぁ。。。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Carl’s Jr.■
上海市黄浦区西蔵中路268号来福士広場B1
(西蔵中路×福州路)




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2009年11月17日

ちゅうごくごザンマイ。

zannmai.jpg 中国語三昧DS ・・・に、最近ハマっています。 11月に入って、やっと本腰を入れ始めた中国語会話のお勉強。 遅い? と思います蜜も。。。 でも、 何かを始めるのに遅すぎるということはない、だろうし、 いつでも、始めようと思ったその時がスタートラインであって、 1番大切なのは、 それをどれだけ本気でやろう!と心に決めてやり続けるか、だと思う。 ・・・と、いつも自分に言い聞かせて奮い立たせているんですけどね(笑) 学生時代、英会話の勉強を失敗したっきりの蜜は、 どうも語学コンプレックスがあり、外国語習得は苦手分野のイメージ... それでもね。 せっかくそれができる絶好の環境にあるのに いつまでもできないままって、なんか悔しいじゃないですか。 そんな気持ちが、今の自分を突き動かしているように思います。 早くできるようになって、バーテンダーのお兄さんと会話したいという邪念もあるけど。。。 そんなわけで、中国語三昧DSsIMG0119A.jpg これは寝ながらできるのが最高!(笑) NHKのテキストや、大学時代に第2外国語で使っていた教材、 あとは最近知り合った先生との日常会話やメール… これらで勉強を始めていますが、まだ脳にしっかり根付いていないのか 時々、基本を忘れたりします。 そういう時の見直しに便利だし、毎晩の復習に使っています。 もちろん音も出る(自分の声も録音できる)ので、 CDほど身構えたりせずに寝ながらイヤホンで発音が聞けて、しかも ペンタッチですぐに何度でも繰り返せるのがいい! と、最近のお気に入りです たかがDS、されどDS。 意外と侮れませんね〜。 ・・・まぁ、きっとまだ基礎の基礎なので役立っているんだとは思いますが 期間を決められて1日○時間みっちり中国語を勉強されている方には 到底かなわないので、ちょっと焦る気持ちもありつつ、 蜜は蜜のペースで、今度こそ楽しく外国語会話を身につけたいな♪と。 ↓クリックして下さると嬉しいです♪ にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif blogram投票ボタン
posted by 蜜 at 11:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 上海生活>語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

「BARBAROSSA」、再訪。

sPB140472.jpg そういうわけで、「BARBAROSSA」、再訪です。BARBAROSSA きっと蜜が今さら紹介するまでもなく、有名なバーでしょうけれども。 1ヶ月くらい前に初めて連れてって頂いた時、 (その前のお店でちょっと飲み過ぎて) 今思うと、不覚にも実は結構酔っていたみたいで、蜜は、、 全っ然、その場所を覚えていませんでした。。。 いえ、人民公園のどこかってことは分かっていたんですけどね 人民公園って広いじゃないですか。 「行けば思い出すでしょう♪」と過信して、 今回は地下鉄で向かって人民広場の駅を降りたものの、まったく思い出せず。 この最近の上海の寒空の中・・・ 迷いに迷って、なぜか上海博物館の方側までまわってしまい(笑) 歩き回ること約20分。 キツイ...  (自分のせい) そして、やっと 南京西路×黄陂北路の交差点、新昌路に続くあたり に辿り着いた時、突然記憶が蘇りまして そう、ここです!蜜がタクシーに乗って前回帰ったのは(笑) ここまで来ると、「BARBAROSSA」の看板がやっと道に現れます。 その門をくぐるとすぐに見えてくる、 浮かび上がるような明かりをたずさえた、素敵な洋館バー「BARBAROSSA」。 sPB140473.jpg 前回訪れた時、この橋を通った記憶とか全然ありません…。よく池に落ちなかったものです 残念ながらこの日は、2Fのソファ席がリザーブされていましたので、 その奥のバーカウンタースペースに座りました。 sPB140480.jpg ソファ席のフロアよりも、こちらの方が賑やかな感じ。音楽のせいかな? 今回頼んだお酒。まずは、BARBAROSSA MARTINI こちらのシグニチャーカクテルなのかなぁって思って。 そして2杯目に頂いた、ECLIPSEsPB140481.jpg このECLIPSE、美味しかった ウィスキーベースがしっかり効いていて。 ベリーが入っているので色はピンクなんですが、甘すぎない。 この夜はすっかり外が冷え込んでいたので、 23時も過ぎると、ストーブを炊いてあってもベランダからはお客さんが引き上げ。 もうちょっと季節柄が良かったら、蜜も 外の池を眺めながら、ゆったりカクテルを楽しみたいところなんですけれども。。 でもまぁ、 暖かい室内で肩を寄せ合いながら飲むのも冬の楽しみかしら♪ *:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:* ■BARBAROSSA■ 上海市南京西路231号 人民公園内 ※タクシーなら、南京西路×黄陂北路で降りましょう... Reservations: 021-6318-0220 ↓クリックして下さると嬉しいです♪ にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif blogram投票ボタン

2009年11月14日

ちょっと武康路376号へ

たまには、隠れ家的なスポットを散策でもしてみたくなり。


ちょっと前から気になっていた、「武康路376号」に出かけてみました。
コチラをご覧になってみて下さい。
・・・なんか高感度っぽい感じがするじゃないですか?


武康路×湖南路でタクシーを降り、
プラタナスの並木道を、×泰安路の方へ向かって歩いていると、

sPB080409.jpg
この白い壁に大きく書かれた「376」の文字が目印。


それにしても、最近の上海はすっかり冬めいてしまいましたよね。
ぐっと日が短くなってしまったのが寂しい...
17時も過ぎれば辺りは真っ暗になってしまいます。

この武康路376号を訪れた時も、本当はもう少し明るいうちに行くつもりが、
ちょっとのんびりしていたら、もうすっかり夜の景色に。
ただでさえ、このブログは暗めの写真が多いのに、また…(笑)


あ、でもそこがあるイミ、蜜らしさなんですけどね。

このブログでの蜜の味... ってことで。


sPB080421.jpg
先ほどの「376」と大きく書かれた壁を右に入った、この小さなエリアが武康路376号です。


sPB080420.jpg
入口の右手にはお花屋さん。結構広くて種類も多いですよ。


sPB080419.jpg
旧式の建築物に挟まれた、この細い道をそのまま抜けると・・・


sPB080413.jpg

sPB080414.jpg
ガーデンエリアへ。


急に景色が横に開けて、そこに立ち並ぶ
雑貨のセレクトショップや、小さなワインバーコーヒーショップなどの
お店の明かりが、小ぢんまりした一区画を優しく盛り上げています。

ちなみに、こちらのワインバー「Globus Wine」については、
tabitha☆さんがイチオシされていますよ〜。
蜜も次回はゆっくり訪れてみたい♪


sPB080416.jpg
雑貨のセレクトショップの向かいにはギャラリーが。古いレンガ造りの壁に茂る木が趣深いですね。


sPB080412.jpg sPB080415.jpg
ガーデンエリアの右手奥にも、小さなお店やレストランがいくつかあります。


ここ武康路376号の特徴としては、
通りに面していないので車の騒音も排気ガスもなく、
また、ちょっと奥まっていて隠れ家的なエリアのため人もそんなにいない。

だから、
たまには上海の街の喧騒を忘れて、ゆったりと憩いの時間をくつろぎたい・・・
そういう気分の時にふと訪れると癒されるのでは。


sPB080417.jpg
蜜も次回は、この「coffee tree」のオープンテラス席で、
美味しいコーヒーとサンドやバゲットを頂きながら、読書にでも耽りたいかも。。




*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■武康路376号■
武康路×湖南路から、×泰安路の間に入口あり



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif blogram投票ボタン
posted by 蜜 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

「Velvet Lounge」は、ピザが名物なのに

 
†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†
   2013年春 追記
    本記事でご紹介する 「Velvet Lounge」 は、現在はありません。
    同じ場所の 1F と 2F が、それぞれ別の店名(業態)に変わっています。
    (1F 「PATA NEGRA」 / 2F 「Casanova」  住所等は記事末尾ご参照)

†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†



折り良く、「Velvet Lounge」に行く機会に恵まれました♪

velvet_kanban.JPG
※2013年春 追記 : 現在は 「Velvet Lounge」 という看板はありません。


こちらのお店が気になっていたのは、
tabitha☆さんのコチラの記事を読んだから、に他なりません。

tabitha☆さんもご紹介されていますが、
このお店は雰囲気のいいバーであるという点以外にもウリがあり、
「2009年上海ベストピザに選ばれた」んだそうなんですよ!

お誘いしたお友達はピザが好きな人なので、これは良いかなって。
2人でウキウキしながら、お店にたどり着きました。


sPB060386.jpg sPB060389.jpg
左)巨鹿路×常熟路に佇む「Velvet Lounge」  右)ほの暗い入口。1Fがバーフロア、2Fがレストラン


あとで飲みに1階へ行くとして、蜜たちはまずは2階へ。

sPB060393.jpg

sPB060392.jpg

sPB060391.jpg
2階のレストランの雰囲気はこんな感じ。落ち着いて食事ができます。


「さぁ〜♪ 楽しみにしていたピザを食べるぞ!」と、
他にサラダとメインの肉料理も選びながら、店員さんに注文したところ、


なんと予想外のお言葉が・・・




「今、ピザを焼く釜が壊れているので作れない」




・・・はい?



え、ちょっとじゃあ、いつになったら直るの?と聞くも、
「今、修理を頼んでいるが、いつになるかは分からない」ですと。。。



sPB060390.jpg
それじゃ仕方がないので、泣く泣くピザは諦めましたよ〜…。


ちなみに、↑の写真は(いつもの)食べかけではございません(笑)
ここで頼んだサラダのつもりは、なんと野菜のフライでした。
いえ、美味しかったですけれども。
山盛りだったのを、店員さんが取り分けて下さいました。お肉はチキンのソテー。

ビールやワインや、キール(これが色がとてもキレイなの♪)などを
たしなみながら、程よくお腹もいっぱいになったところで、
蜜たちは一旦お会計を済ませて、階下のバーフロアへ。



sPB060394.jpg
半月形のバーカウンター。全体的に照明を落としてあるバーフロアの中で一際目立ちます。


まだ時間が早かったこともあって、この時くらいまでは空いていました。
あとで大変なことになるんだけれども・・・


sPB060398.jpg sPB060397.jpg
左)特徴的な赤いシャンデリア。        右)写真が暗いのですが、こちらはゆったりなソファースペース。


せっかくなので、蜜たちはカウンターへ。
またStingerを頼むも、「どうやって作るの?」質問に合い(もうFAQだな・笑)
レシピを伝えて作って頂きましたが、
う〜ん。。
これは、「Boxing Cat」の味のほうに軍配があがりますかねぇ。

こちらのお店を訪れたら、やはりワインなのでしょう♪
というわけで、蜜たちは2杯目からはワインを。


軽くつまみたくてメニューを見たら、盛り合わせプレートのようなものがあり、
迷わずそれをチョイス。
チーズやサラミ、干した果肉や魚の酢漬けなどが揃っていて、まずまず。
蜜はこの魚の酢漬けがお気に入り。白ワインに合う〜!


そうして2人で楽しく語り合いながら、何杯目かのグラスワインも空いた頃、
そろそろ程よい時間だったので帰ります? と辺りを見回すと・・・

sPB070401.jpg sPB070402.jpg
sPB070405.jpg sPB070400.jpg
いつのまにか、バーフロアはお客様(おもに欧米人)でいっぱいに! 好きだよね、みんな… (蜜もか・笑)


ここで、さくっと帰れればよかったんですけれど。
タイミングの悪いことに、蜜たちの座っていたバースペースを囲むように立っていた
アメリカ人(たぶん)男性2人に話しかけられてしまい。
なんとなく雑談のお相手をしていたら、
いつの間にかジントニックで乾杯していました(笑)

まぁいっか。たまにはね…と楽しくお話をしているうちに結構酔いがまわってきて。。
それなのにもう1杯ジントニックをご馳走になってしまい。。。


結果的に、また飲みすぎてしまいました↓



でも、それはやっぱりとても楽しかったからだし、雰囲気が良かったからです。
レストラン合わせて、合計6時間ちょっと過ごしたわけですし。
またゆっくり訪れたいなぁと思ったバーです。

もしよかったら、どなたかご一緒に♪
次回は絶対、その噂のピザとご対面してみたいんですけれどもね(笑)



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Velvet Lounge■
■Casanova■
上海市巨鹿路913号(×常熟路) 2F
Reservations: 021-5403-4528

PATA NEGRA
上海市巨鹿路913号(×常熟路) 1F
Reservations: 021-5403-2976

   ※2013年春 追記
    旧 「Velvet Lounge」 の 1F と 2F が、それぞれ別の店名(業態)に変わりました。




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 

2009年11月12日

古北で、思いがけず耳にした・・・


恋をしていたのは去年の夏の頃さ
いつまでも この胸に Oh! Claudia 憶えてる

I'll never forget you Just forever Wow
Can't You Hear Me? My Love


――『Oh!クラウディア』 SOUTHERN ALL STARS



* * * * * *


古北の美濃屋さんで買い物をしていたら、店内のBGMでこの歌が流れてきました。


あっ    …と、思わず手が止まった。
この歌、知ってる。
覚えてる。

でも、その歌のタイトルや歌詞を思い出すよりも前に、
この歌が自分にとって何であったのか、という記憶が
蜜の脳の奥底、海馬をすごい勢いで巡って、瞬時に蘇りました。


          stime111.jpg


数年前に10ヶ月ほどの間、近い距離で一緒の時間を何度も過ごした人のこと。


その人のことを別に忘れていたというわけではなく、
むしろ最近になって、よく思い出すことも多かった。
今どうしてるかな?とか、あの頃たくさん遊んだなぁ、とか。。

でも、この 『Oh!クラウディア(※このリンクは音が出ます) は、
「サザンはこれが好きなんだ」と彼が歌ったから、私も覚えた歌だった・・・
ということは、何故か今の今まですっかり忘れていて。

だからそれが、こんな思いがけない所でBGMとして流れて蜜の耳に入り、
眠っていた記憶が急に蘇って、一瞬にして頭の中でその2つが確かに繋がった時、
正直ビックリしました。本当に不意うちだったから...。

脳に一度刻まれた記憶って、すごい。

その回路をまわる速さも。



           shikari111.jpg


・・・そうしたらもう、あとは美濃屋さんでの買い物もうわの空になってしまいました。

どうして、この歌のことは今まで忘れてたんだろう? とか、
そういえば、その人が「この小説が好き」と言ったからあの本も買ったなぁ... とか、
色んな思い出が一気に押し寄せてしまって。。


この後、蜜は家に帰ってからCDラックを探し回って、
『Oh!クラウディア』の入っているサザンのCDを見つけエンドレスで聴いた
…ということは言うまでもありません。


           sSOUTHERN1.jpg


初めて会った数年前の夏。梅雨の真っ只中の、金曜の夜。
実は年がずいぶん離れていた2人でも、すぐに意気投合して、未明まであの街をハシゴした。

それからは何度も何度も、気になるお店を見つけては誘い合って、夜のひとときを一緒に楽しんだ。

その人の誕生日に、その頃一番好きだったお酒をあげた。
蜜の誕生日の当日に、あそこのレストランでお祝いをしてくれた。
バレンタインデーに、あのスイーツをご馳走した。
ホワイトデーに、蜜の大好物のお返しをくれた。
どれだけ逢っても、話しても、その言葉が尽きてしまうことはなかった。


付き合っているわけではなく、曖昧な、そして未来のある関係でもなかったけれど、
でも、お互いに「会いたい」と想う気持ちだけは確かに重なり合っていた・・・
そういう2人だったような気がします。

今なら分かるんだ。
立場もあって、仕事ですごーく忙しくてストレスフルだったその人が、それでも
毎日、どれだけ蜜と触れ合う時間を大切に確保してくれていたのかを。
そして当時の蜜は、そういう彼を理解して癒したいと思いつつ、
もどかしい間柄を楽しむ余裕を持つには、まだちょっと若すぎたかもしれないな... と。



          Bar111.JPG


* * * * * *

心にしむ恋は 今宵悲しく
一人でいるときなおのことだよ



こんな歌詞で、後奏もなく突然に終わるこの歌のように、
私たちが逢い続ける日々も、ごく自然に、急な終焉を迎えました。

たぶん、その頃のお互いの様々な理由で。



蜜は今、この歌でその人と共に過ごした時間に思いを馳せる。
彼は、誰のことを想いながら、この歌をずっと愛していたんだろう…?



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | others>歌詞考・思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

二胡を聴ける(はずの)Bar 「The Door」

自分でもゴメンナサイって思うんですけど、許して下さいますか…? kissmark.jpg 何を?って、、、 二胡の生演奏が聴けるはずのバーに行って、 上演時間に間に合わなくて聴けなかった記事を載せるなんて すいません、すいません、すいません、、、 それでも、 とても素敵なバーだったので、つい紹介したくなったのです え?上の写真? ・・・ご想像にお任せします。(ちがーう・笑) というわけで。 sPB100467.jpg 虹橋路にある、「乾門 The Door」へ。 日本から遊びに来てくれた5組目のリクエストで、 「中国の楽器、二胡の聴けるバーに連れていってほしい」と言われまして。 うーん・・・ ジャズバーなら知っているけれど、 意外と、中国の伝統楽器を生演奏してくれるバーなんて知らない。。。 あるのかしら?と調べてみると、コチラで1軒見つかりまして。 「ショータイムは22時から」ということで、前もって予約までして意気込んだものの... なんとこの日の上海は、久しぶりの土砂降りの大雨 ただでさえ混んでいる平日夕方の市内の交通はマヒ状態となり、 バーの前の夕食で向かった、浦東の St.Regis の「Danieli's」のイタリアンディナー からして既にスタートが遅れて時間が圧してしまい、 それからどんなに頑張っても、「The Door」への到着は22:30頃になっていました sPB100466.jpg 入口から続く階段を上ると、重厚で神秘的な空間へと誘われます。 sPB100464.jpg sPB100462.jpg 西洋と東洋が絶妙に入り混じった、とてもエキゾチックな雰囲気・・・ エクスプロア上海の説明によると、 『アメリカ人オーナーが10年の歳月をかけて集めた骨董品が飾られている  豪華なレストラン・バー。暗めの照明が雰囲気を盛り上げてくれる。』 だそうで。本当にまさにそんなお店です。 sPB100465.jpg こちらをレストランとして利用する場合には、創作フレンチが振舞われるそうです。 sPB100458.jpg sPB100459.jpg 蜜たちはバー目的で来店しましたので、奥のバースペースへ通されます。 sPB100461.jpg 「Danieli's」でワインを飲み過ぎていたので(笑)、ここではおとなしく龍井茶を頂きました。 このバースペース、ちゃんとステージも見える位置にあります。 少し柱が邪魔をしてしまう席もありますが、生演奏の音色は十分に届くでしょう。 上演時間に間に合ってさえいればね。。。 sPB100463.jpg 残念ながらステージは真っ暗 奥の方に演奏が終わって片付けられた琵琶とかが置いてあるよぅ… もし、中国の伝統楽器の生演奏に耳を傾けながらバーを愉しみたい ということでココを訪れる場合は、どうぞ上演時間にお気をつけ下さいね! 店員さんにショータイムを伺ったところ、「22:00〜22:30」だそうで。 一部では23時までとも聞いていたので、 蜜たちは期待していたのですが、一蹴されてしまいました ジャズバーと違って深夜遅くの回もないのですね。 でも、たとえその目的は果たされなくとも、 店内の雰囲気は十分に素敵で、落ち着いてくつろげる静かなバーだったので、 また機会があれば訪れたいと思います もちろん次回は、ぜったい二胡のライブに間に合うよう向かいますけど(笑) *:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:* ■乾門 The Door■ 上海市長寧区虹橋路1468号4楼(近古北路) Reservations: 021-6295-3737 ↓クリックして下さると嬉しいです♪ にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif blogram投票ボタン

2009年11月09日

その謎の思わぬ追記 @田子坊

前回の記事、
ネイルサロンで「莉蓮蛋撻」のチーズタルトを食した謎に、思わぬ追記が。


Cocoさんがそのチーズタルトとお茶を出して下さった際の、オシャレな器。
蜜は一目でそれが気に入って、欲しくなっちゃったんです。
でも、ブランド銘柄でも話題で人気というわけでもない、ただの普通の食器なんて、
同じものに巡り会えて買える奇跡など、なかなかありません。

持ち主に尋ねられればまた別ですが、蜜は訊か(け)なかったし…。


それが。
それからたったの数日で。

なんと幸運にも、偶然見つけ出してしまったのです〜!


sPB090425.jpg
シンプルな白が、この流れるような曲線の、個性的なフォルムをいっそう際立たせます。
そして蜜の以前からの憧れ☆ パンやお菓子を一緒に乗せられるタイプのカップ&ソーサー!



探していたのよ、キミを。。。
目にした瞬間、手に入れたい!って思った、まさにそのものに
またすぐ巡り逢うことができるなんて、
こういう運命的な縁への感動は、恋も食器も一緒よね♪(笑)



stian_map.jpg
この田子坊の地図の、右側の入り口付近に記した黄緑色の矢印の辺りにあるインテリアショップです。


これで、1人でお茶を愉しむひとときの気分が、ぐっと盛り上がります〜。



↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 04:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海生活>beauty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

ネイルサロンで「莉蓮蛋撻」を食す謎

ネイルサロンとは、お茶をする場所ではありません。


・・・当たり前ですね。

自分で書いていても、そもそも日本語としておかしいんじゃ?とか思うわ(笑)



それでも蜜は、先日なんと、いつも通っているネイルサロンにて
『たぶん上海で一番おいしいエッグタルト』として名高い、
「莉蓮蛋撻餅屋(Lillian Cake)」のチーズタルトを頂いたのです〜♪
※)『たぶん』というのは、お店側のキャッチフレーズなんですよ(笑) ⇒『可能是上海最好吃的蛋撻』。


sPB050384.jpg
ここは徐家匯駅店。上海六百の真向かいのスタンドです。数店舗あって、有名なのは淮海中路店?


でも、ここのエッグタルトは本当にすっごく美味しいです!!
どこのパン屋さんにもケンタッキーにもエッグタルトはありますが、
ここのエッグタルトと比べてしまうと・・・
他のが「プリンをパイで包んでみました」みたいな代物に思えてきます。

「莉蓮蛋撻餅屋(Lillian Cake)」のエッグタルトは、
そのカスタードクリームが絶妙な甘み&トロトロの食感で、パイはサクサク!
つい顔がほころぶ、幸せな味がするんです♪


・・・で、話がもとに戻りますが、
なんとネイルサロンで、ここのチーズタルトを頂いちゃいました。
オーナーCocoさんのご厚意で。
施術が終わった後、オシャレな器でお茶と一緒に出して下さったのです。

もう、蜜は大恐縮。。。
ここ「Coco's Nail & Beauty」へは、まつげエクステでお世話になっているのですが
何度も通っているのはその施術がとても丁寧で、仕上がりと持ちが良いから。
そして、接客もいつもあたたかで、安心できるお店だからです。
(そのイチオシ度については、過去記事をご参照下さいませ)

それが気に入っていつもお世話になっているのに、
こんなサービスまでして下さったら、もう嬉しいような申し訳ないような。。
本当にこのサロンに出会えてよかったです〜。
(別にスイーツにつられて言っているのではありません・笑)


こちらで初めて食べた、「莉蓮蛋撻餅屋(Lillian Cake)」のチーズタルト。
あぁ、やっぱり美味しい!
エッグタルトとはまた随分異なる食感ですよ。
甘みの抑えられた濃厚なクリームチーズ。生地もパイでなくクッキータイプ。

「莉蓮蛋撻餅屋(Lillian Cake)」、もう間違いありませんね☆


実は今、日本から5組目のお客様が上海へ来ているのですが、
焼きたての莉蓮蛋撻を、おもてなしに出しました。
大絶賛でしたよ〜♪



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■莉蓮蛋撻餅屋(Lillian Cake)■(徐家匯店)
地鉄1号線徐家匯駅14号出口、上海六百の真向かいのスタンド


■Coco's Nail & Beauty■
上海市漕溪北路28号実業公寓14E
虹橋路港匯広場向かい、 地鉄1号線徐家匯駅11号出口右、徒歩2分
Reservations: 136-0160-8622(日本語可)




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 
posted by 蜜 at 04:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 上海生活>beauty | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

人体の驚異?上海雑技団

「圓苑」で、おじ様方と上海料理を楽しんだ後は、雑技団の鑑賞へ


sIMG0109A.jpg
雲峰劇院」という上海雑技団を観に行きました。

地下鉄2号線の静安寺駅からも近いようで、徒歩でも行けますね。
観光バスがいっぱい停まっていました。
案の定、会場には日本人の団体客がい〜っぱい・・・
久しぶりに大人数のしゃべる日本語を聞いた(笑)

あと結構、欧米人のお客様も多かったですよ
やっぱり上海といえば、雑技団は観光の見所の1つなのでしょうね。
そういう蜜は、実は雑技団を鑑賞するの初めてだったんですけど。


IMG0112A.jpg
パンフレットには、しっかり日本語が(英語も韓国語も載ってました)

上演中は撮影禁止ということだったので、蜜は撮りませんでした。
(でもフラッシュいっぱいたかれてましたけどね・笑)

上演が始まると、舞台の左右の大きなスクリーンに、
これから行われる技の名前が各国言語で映し出されます。
パンフレットの順番通りではなかったです


すんごいエキサイティングでしたよ〜!

最初のうちは、演者のその体から繰り広げられる驚異的な技に
ただただ感嘆するばかりでしたが、
だんだんと会場全体が一体となって盛り上がるような演目になっていき、
最後の方は拍手喝采!
「ブラボー」の声があちこちから。

蜜のお隣のアメリカ人(推定)がすごい大興奮していて、
彼のいちいち大げさなそのリアクションがまた笑いを誘ったんですけれどね…(笑)
もちろん、彼は最後に立ち上がって「ブラボー!!!」

いやぁ、、、こういう御方がお隣だと、楽しさも伝染して倍増します


これから観られる方のために詳しくは書きませんが、
蜜は、タイタニックの芸と、スリル飛行が1番好きでした。
雑技団、こういう機会でもないと、意外になかなか住んでると観ないもの
かもしれません。今回は連れてって頂けて良かったです。

上海雑技団は他にも2,3種類あるそうですが、
かなりアクティブなショーで魅せてくれた「雲峰劇院」、オススメ!


IMG0111A.jpg
劇場遠景



最後に ひとりごと

キリ番の「500」が近いです!!


Getされた方、よかったらご一報下さい♪
いつも蜜のブログへいらして頂き、ありがとうございます



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■雲峰劇院■
上海市北京西路1700号(万航渡路の近く)




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ banner_11.gif
posted by 蜜 at 19:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 上海生活>おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。