株主

2009年07月22日

上海 de 皆既日食

体感しましたー!皆既日食。Total Eclipse☆


コチラをご参考に。

蜜は、準備が足りず観測ツアー(市内の公園とか)にも参加できなかったんですが、
部屋からもちょっとは見れたらいいな、と思っていたのに。

今朝8時頃、上海は、残念ながら曇り。
(辛うじて7:30くらいまでは太陽光が見えていたのに...)
もともといつもスモッグ?でよく見えない太陽が、
今日に限ってさらに厚い雲で覆われています・・・・・・

それでも、ニュースなどを見ながら待つこと約1時間。
あ、雨が・・・(泣)
「皆既日食開始は9:36:44」ということで、だんだん暗くなってきたような気もするけど、
これってただ単に天気が悪くなっただけ?(笑)
と、残念に思っていたら。


突然!!

sP7220549.jpg
数分前

                

sP7220546.jpg
真っ暗に!!!


これがもう、ホントに突然なのです!!
すごい・・・ 予想以上でした。
「(部分ではなく)皆既日食の場合は、夜中のように暗くなる」というのは、
知識としては知っていたけど、まさに本当にこれほどとは。


sP7220547.jpg sP7220548.jpg
もう、まさに夜。どこをどう見ても、夜。 時計はAMを表示しているというのに…


これが、ものの数分経つと、もとの明るさにまた急に戻るのです。ちゃんと。
う〜ん、すごくミステリアス。

初めての体験に、興奮もしたし、暗い空に魅入ったりもしたのですが、
それと同時に、なんとも言えない畏ろしさを感じました。
なんでしょう。自然の神秘に?その脅威に?
動物は、これに敏感になって騒ぎ出すといいますしね。


今でこそ、これは「皆既日食」という天体現象だということが解明されているから、
みんなも心の準備があるし、恐ろしい事ではないと分かるけれど、
紀元前何世紀の頃や、現代でも文明が未開の地では、
これがどういった現象なのか分からず、畏れおののいたのではないでしょうか?
それこそ、「地球の滅亡」とか「この世の終末の暗示」とか。



そんなことを考えながら、約5分間の天体ミステリーを体感しました。
こんななかなか無いチャンス、来たばかりの上海で体験できて幸運です♪
次に日本周辺で皆既日食を観測できるのは、26年後だとか。
その時は、北陸や北関東がゾーンに入るそうなので、
もし26年後に東京で暮らしていたら、きっと車で観に行くことでしょう。


次こそは、このミステリアスなひとときを、誰かと一緒に味わいたいな。




↓クリックして下さると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ 人気ブログランキングへ 中国関連ブログランキングへ
 


posted by 蜜 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 上海生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。